どうやって建てるのか?知っていると利用しやすくなるテント倉庫の情報を紹介

企業にとって倉庫を建築し、維持管理するにはそれ相応の費用やランニングコストがかかります。
これをいかに安く抑えるかが企業にとって重要な課題であると居ても過言ではありません。
そこでおすすめしたいのがテント倉庫なのです。
コストも従来の倉庫よりも安く、ランニングコストも安く抑えることが可能となります。
この便利で重宝する倉庫について、当サイトでは基本情報や豆知識についてご紹介していきます。
少しでもお役に立てることを祈っております。

どうやって建てるのか?知っていると利用しやすくなるテント倉庫の情報を紹介

テント倉庫は施工費やランニングコストが安く、企業の経費節減に大きく貢献するものです。
耐震性のも優れ、自由度も高く従来の倉庫の半分の期間で完成するのもうれしい限りです。
一方で建築には建築基準法に基づき建築確認申請を行う必要があるのです。
テント倉庫建設には条例や法律に適しているかの事前確認が必要です。
申請後建築確認済証が交付されテントが完成すると審査と検査が行われ、検査済証が交付され始めてテント倉庫が利用できるんです。

テント倉庫の設計で検討すべき要素

低コストで多用途に活用できるのが魅力のテント倉庫は、設計の段階から要素を理解して検討を進めるべきではないでしょうか。
テント倉庫はまず用途によってマッチする種類が異なるので、用途と具体的な利用について検討することが大切です。
次に、イメージが固まったら設置場所を決めて、それに合う大きさの製品をリストアップ、比較していきます。
当然ながら建築して終わりではなく、維持の為にはコストが発生するので、ランニングコストの計算も不可欠です。
イニシャルコストの抑制にはリース、短期の利用ではレンタルという選択肢もあります。
中古は新品より安く取得できるものの、テント膜の状態によっては耐用年数が短くなっている可能性が高いので注意です。
テント倉庫は構造上、建築物に該当しますから、消防など必要な設備を含めて設計することが欠かせないです。
勿論、夏場の熱中症などを防ぐ為に換気設備も求められるので、建築物ということを念頭に、設備などの要素を考えてテント倉庫を形にしていくことが大事ではないでしょうか。

テント倉庫に導入できるセキュリティ設備

テント倉庫を設営して商品や資材類の物置き場として使っている場合、営業時間が終わって深夜になると悪意を持つ人物によって盗難被害にあってしまう可能性は十分にあります。
大切な商品や資材を守るためにはセキュリティを導入することは欠かせないことになり、テント倉庫で導入可能な機材は沢山あります。
まずは前提としてテント内の屋根を利用して重量のある防犯機材を取り付けてしまうと落下してしまう問題や屋根を傷めてしまう問題があるので、屋外側に防犯カメラを設置する方法がベストになります。
屋外設置の場合では、隣接している建物がテント倉庫を使っている会社であれば外壁を利用してカメラを設置する方法で簡単に済ませられます。
防犯カメラを設置してもマスクなどで顔を隠している人物の侵入や、自動車のナンバープレートを隠している場合では効果的とは言えません。
この対処法はセンサー式の赤外線ライトを設置する方法があり、赤外線を照射させる位置だけを確実に設定した場合、人影があれば明るいライトが点灯する仕組みで高いレベルのセキュリティにすることは意外と簡単です。

テント倉庫を施工する基本的な流れ

テント倉庫を導入する時に知っておいた方が良いのは、施工の基本的な流れです。
導入を検討している人は、まずテント倉庫を扱っている専門の会社に相談をします。
さまざまなタイプの製品があるので、会社の人と相談しながら、最適なものを決めていきます。
次におこなわれるのは、倉庫を建設する場所の現地確認です。
地盤に状態などを確認していきます。
法律的な条件を満たしているかどうかも調べられます。
施工を開始する前には、依頼者と会社の間で正式な契約が交わされます。
施工の前には自治体に建築確認の申請をする必要もあります。
申請が許可されれば、ようやく施工を始めることができます。
施工ではまず基礎工事をおこないます。
地盤の状態が良くない場合には、地盤を改良する工事がおこなわれることもあります。
基礎工事が完了すれば、あらかじめ工場などで製造しておいた生地や骨組みを使用して、テント倉庫の本体を建設します。
テント倉庫本体の建設は、2週間以下の期間で完了することも可能です。

課題の解決が可能なテント倉庫の選択

テント倉庫を利用することで企業の持つ課題の解決が可能になることがあります。
テント倉庫で最も大きなメリットはそのコストです。
骨組みは鉄骨材料を使いますが、壁や屋根の部分はシート膜を使いますのでその分だけコストが安く、工期も早いのが特徴になっています。
シート膜を使うとは言っても倉庫としての一般的な利用には問題ありませんし、一般的な形状で入口とか窓を設けることもできます。
価格的には、従来タイプの倉庫が平均して坪単価20万円から30万円程度はかかるとすれば、テントタイプの場合はその三分の一程度のコストで済みます。
一方で耐久性に関しては確かに同等レベルとはいかず劣ることは事実ですが、それでも10年から15年程度、場合によっては20年程度はもちますし、期間が経過した後はシート膜のみを張り替えて継続的に利用することもできますので、初期コストは安くてもメンテナンスを含めて考えれば高くなってしまうことおmありません。

テント倉庫に関する情報サイト
テント倉庫の基本情報

企業にとって倉庫を建築し、維持管理するにはそれ相応の費用やランニングコストがかかります。これをいかに安く抑えるかが企業にとって重要な課題であると居ても過言ではありません。そこでおすすめしたいのがテント倉庫なのです。コストも従来の倉庫よりも安く、ランニングコストも安く抑えることが可能となります。この便利で重宝する倉庫について、当サイトでは基本情報や豆知識についてご紹介していきます。少しでもお役に立てることを祈っております。

Search